FAQ よくある質問

FAQ

HOME//よくある質問

Q

どんな内容の相談にのってもらえるのですか?

これまで、ご相談いただいた内容の一部です。ご参考にしていただければ幸いです。
老後のお金や相続について、ご心配されていること、疑問・ご不安・ご不満に思っていること など まずはお気軽にお問い合わせください。 

〇金融機関から運用商品の提案を受けているが、本当にこの商品でいいのだろうか?(50代、女性、会社員)

〇ひとりで暮らしているが、老後のお金が不安。どのようにお金を貯めていけばいいのだろうか?(50代、女性、自営業)

〇将来に備えて、そろそろ本気で資産形成を始めたい(50代、男性、会社役員)

〇退職金が入金されたけれど、どんな商品に預けたらいいのだろうか?(60代、男性、会社員)

〇夫が退職して、再雇用になり収入が大幅に減少。将来の資金が足りるか不安です。(60代、女性、主婦)

〇もし親に相続が発生した時、長年連絡のとれていない相続人がいるので、名義変更などの手続がスムーズにできるか心配だ。  (50代、男性、会社役員)

〇子ども達と離れて、ひとりで生活しているが、自分にもしのことがあった時にためにどのように備えておけばいいのだろうか?  (60代、女性、年金生活)

〇子どもがいないので、動けなくなった時や相続が発生した時は、どうなるのだろうか?(70代、子どもがいないご夫婦)

〇同居している母親が、自分に自宅を相続させる遺言書を作成しているようだが、本当に大丈夫なの?              親族に相続トラブルを経験した人がいるので心配している。(60代、男性、公務員)

〇妹は関東方面に住んでいるため、自分がひとりになった、近所で暮らす父親の世話をしている。                父親が持つ実家などの不動産の相続は、どうなるのだろうか?また相続税はかかるのだろうか?(60代、女性、主婦)

〇自分達夫婦は、再婚同志。それぞれに前妻・前夫との間の子どもがいるが、もし相続が発生したらどうなるのだろうか?    (60代 ご夫婦)

Q

全く知識がないのですが、相談に行っても大丈夫ですか?

もちろん大歓迎です。
ご理解いただく必要のある内容については、専門用語を使わず、わかりやすく丁寧に説明させていただきます。
専門用語を連発して、「煙に巻く」ような意味のないことは、決して行いません。
疑問、不安、不満に思っていることなど、どうぞお気軽にお話ください。

Q

休日や夜間にも対応してもらえますか?

土曜・日曜・祝日・夜間についても対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

Q

特定の金融商品や保険などを勧められることはありませんか?

幣オフィスは、金融商品や保険などの販売を行っておりませんので、ご安心ください。
ファイナンシャル・プランナーとして、中立な立場で、お客様とご家族の夢や希望を叶えるために、必要に応じて最適な金融商品やサービス等をご紹介させていただきます。

<ご参考>
2019年話題になった金融庁の『老後2000万円報告書(正式名:金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」 』において、ファイナンシャル・プランナーなど中立な立場でアドバイスする存在の必要性を指摘しています。(以下、抜粋)

この観点から、個々人に的確なアドバイスができるアドバイザーの存在が重要である。・・・(中略)・・・単一の業態の金融サービス提供者が全ての商品・サービスを俯瞰したアドバイスを行うことには難しい面がある。このため、特に強く求められるのは顧客の最善の利益を追求する立場に立って、顧客のライフステージに応じ、マネープランの策定などの総合的なアドバイスを提供できるアドバイザーである。こうしたアドバイザーとなり得る主体としては、・・・(中略)・・・フィナンシャルプランナーなど様々な業者が存在する。米国では証券会社などの金融サービス提供者から独立して、顧客に総合的にアドバイスをする者が多数いるが、日本においてこれに類似する者は存在するものの、まだまだ認知度は低く、数は少ない。今後は認知度向上に努めるとともに、そのサービスの質的な向上に努めることが望まれる。

Q

金融機関に相談したら無料なのに、なぜ有料なのですか?

幣オフィスでは、初回のご相談は無料(月間・先着8組様限定)ですが、2回目以降やサービスのご利用については、有料になっております。

銀行、証券会社、保険会社・代理店等での無料相談は、その金融機関で取り扱う金融商品や保険の販売を目的としています。
そのため、場合によっては、お客様に適した商品ではなく、所属している会社が販売したい商品を提案されることがあります。

幣オフィスは、金融商品や保険等を取り扱いを行っておりませんので、100%お客様本位の提案を行います。

また、各金融機関の担当者は、自社の取り扱い商品の専門家ではありますが、他社の商品やサービス等については、知識が不足していることも多々あります。

幣オフィスでは、お客様が抱えている問題や課題について、幅広い観点から解決策を提案し、実行のサポートを行います。

幣オフィスの目的は、金融商品等の販売を行うことではなく、お客様とそのご家族が、希望される未来を実現することです。

日本では、まだまだ少ないのですが、金融先進国の米国、英国などでは、金融商品などを販売せず、お客様からいただく報酬だけで運営しているファイナンシャル・プランナー事務所が増えています。

幣オフィス代表の経歴・業務経験などをご紹介した動画です。よかったら、ご覧ください。



Q

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」は、どんなことをしてくれるのですか?

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」という言葉は、一度は聞いたことがる方も多いと思いますが、その捉え方は、人によってバラバラです。私が考えるファイナンシャル・プランナー(FP)について、動画で説明しておりますので、ご覧ください。


Q

夫婦・親子・兄弟姉妹で相談に行ってもいいですか?

もちろん、大丈夫です。
幣オフィスは、何よりもご家族の幸せを大切にしています。
ぜひお誘いあわせのうえ、お越しください。

Q

相談内容が外部に漏洩することはありませんか?

ご相談の中でいただいた個人情報につきましては、幣オフィスからのご連絡やご案内、お客様からのご質問の回答および適切な解決策を検討する目的のみに使用します。
お客様の同意がある場合などを除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

また、幣オフィスの相談室は、防音機能の備わった完全個室です。安心してご相談ください。

Q

専用駐車場はありますか?

申し訳ございません。
近隣のコインパーキング等をご利用いただきますようお願いいたします。

Q

初回相談の際に必要な書類などはありますか?

特にございません。
初回のご相談は、ご心配やご不安、ご不満、疑問に思われていること、お客様の状況をお聴きしたうえで、アドバイスさせていただきます。
また、幣オフィスで、どのようなことができるのかについてご説明させていただきます。
もし、見せておいた方がいいと思われる資料があれば、ぜひお持ちください。
尚、初回のご相談は、無料とさせていただいております。(60分~90分)

Q

オンラインでの相談には対応していますか?

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、テレビ会議システム(ZOOM等)を利用したオンライン相談も可能です。
詳細については、お問い合わせください。

Q

自宅などへの訪問相談は可能ですか?

幣オフィスへのご来所がむずかしい場合は、訪問相談も可能です。対応エリアにつきましては、お気軽にお問い合わせください。
※交通費等が別途必要となる場合がございます。

Q

長期間にわたって、相談に乗ってもらうことはできますか?

「生活設計プラン(ライフプラン)会員サービス」などをご利用いただくことにより、長期間にわたって、フォローや相談に対応させていただいております。
「生活設計プラン(ライフプラン)」は作成しただけでは、「絵に描いた餅」になってしまいます。経済・市場環境、ご家族の状況の変化に応じて、継続的にチェック、見直しを行ってこそ、意味があります。万全の体制で、フォローや相談に対応させていただきます。